UVカット・冷却効果・吸水速乾のBUFF(バフ)~ジョギングマスクにおすすめ

犬と一緒にマラソン
ファッション

新型コロナウイルスが猛威をふるっている中、
人との接触をなるべく避けながらも
近所への散歩やジョギングをすることは
ストレス発散にもなり、
適度な運動は免疫効果を高めます。

ジョギングなどをする際、他の人へのエチケットとして
BUFF(バフ)の着用がおススメです。
この記事ではBUFFとは何か?紹介したいと思います。

ジョギング・ランニングエチケット

この新型コロナウイルスの厄介なところは
もし感染しても無症状であることが多いということなのです。

散歩の時に、くしゃみをした場合、後ろを歩く人に飛沫が
かかる可能性のある距離5メートル。
ジョギングの場合はなんと10メートルに達するそうです。

感染していてもジョギングができるくらい体調に変化がない
人もいることを考えると、散歩やジョギングの時も
マスクなどで口や鼻を覆うことはエチケットとして
大事であるとノーベル医学生理学受賞の山中伸弥教授も伝えています。

私ルーポは人とすれ違うことも数えるくらいの日中に
散歩をしているのですが、最初はマスクの必要性を感じなかった
ので、していませんでした。
しかし、山中伸弥教授によるYouTubeを観てからは
散歩でもマスクをするよう心がけるようにしました。
少数でもすれ違う人へのエチケットなのだと考えるようになったのです。

ジョギングされる方は散歩よりももっと息が荒くなりますので、
なおさら他の人へのエチケットが必要になります。
でも、マスクでは息苦しくなったり、ずれてきたりで難しいかもしれません。

そんななか、山中伸弥教授もおススメしているのはBUFF(バフ)です。

BUFF(バフ)とは?

私ルーポは「BUFF」って初めて聞くものでした。
アスリートの方はご存じなのかな?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Debbie(@debbeewebbee)がシェアした投稿

BUFFはスペインのブランドです。
創業者のジョアン・ロハスがバイクに乗る時のネックウェアを
デザインしたのが始まりだそうです。

ネックウェアと言えば、日本でもここ数年
冬になるとたくさんのネックウォーマが出回るようになりましたよね。

うちの相方も、もこもこネックウォーマーは冬の必需品です。

しかし、BUFFは日本でなじみのネックウォーマと違い
アスリートの方のために作られてきました。
激しい運動をしても快適なように作られています。

縫い目のない長めの筒状の布といういたってシンプルな
このネックウェアがなぜ多くのアスリートから支持され
60か国以上で販売されているのかが
商品がいかに高品質であるかを物語っています。

 

ペットボトルのリサイクル素材

さらに素晴らしいのは、ペットボトルなどのリサイクル素材でほぼ
できていることです。
便利なペットボトルですが、環境問題のひとつになっています。
95%がそのペットボトルのリサイクル素材のバフ。
BUFFの企業理念としての環境保護もたいへん優れています。

SDGzつくる責任つかう責任 SDGz海の豊かさを守ろう SDGz気候変動に具体的な対策を

季節に合わせた3タイプ

秋冬向け(0~20℃)
春夏向け(10~30℃)
極寒地向け(0~マイナス20℃)
季節により、3種類に分けられますが、
今回のご紹介では春から夏に向けてぴったりの

UVカット・冷却効果・超軽量の製品をご紹介します。

春夏向けBUFFの機能

お求めの時は冬用を間違えて購入しないように
COOLNET UV」素材であるかどうかお確かめください。

生地

リサイクル95%のポリエステルマイクロファイバー
であるCOOLNET UV+
究極の吸水速乾、冷却効果、国際基準のUVカット(UPF50)性能。
4方向へのウルトラストレッチで超軽量の生地

デザイン

100%シームレス(縫い目なし)の
筒状ワンピースでいたってシンプル。
色や柄は様々あって、選ぶのも楽しみの
ひとつです。

お手入れ

洗濯機OKです。
薄くて軽いので、手洗いしても
あっという間に乾くでしょう。

用途

ジョギング、ウォーキング、
サイクリング、バイク、トレッキングなど
あらゆるスポーツやアウトドアにぴったりですが、
なんと用途は12通り以上もあります。
ひとつポケットに入れておけば、便利間違いなしです。
ネックウェア、フェイスマスク、リストバンド
フーラード、シュシュ、サハリン、ヘッドバンド
ヘアバンド、CAP、パイレーツ、バラクラバ、アイマスク
もっとあるかも?
使い方は下のYouTubeをご覧ください。

ピックアップ記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。